海外では50~60代のダイバーなんて普通らしいです。

ダイビングを趣味にしていると、海外旅行もより楽しくなりますね。
スキューバダイビングのライセンスは、正確にはCカードと言われますが、これは認定(certification)の略です。
ダイビングライセンスのコースは、通常4日間で学科、プール講習、海洋実習と進みます。
スキューバダイビングのライセンスは国家資格などではなく、民間の指導団体が安全に潜れる為のカリキュラムを組んでいます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
PADIダイビングスクールの中でも、5スターというランクのショップで受講すると、ゴールドカードが発行されます。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
ダイビングを伊豆で楽しむのなら、1泊で出かけるのがお勧めです。温泉に入ったり、海鮮料理を楽しむこともできます。
そして、南の島へ潜りに行くのならやはり沖縄のダイビング。世界に誇るサンゴ礁とエメラルドグリーンの海にハマること間違いなしです。
まずは、体験ダイビングという方も多いですが、やはり楽しみの幅を考えるとかなり制限があることは確かです。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。

ダイビングを始めると世界が変わるなんてよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?
スキューバダイビングをするのには、ライセンス(Cカード)を提示しなければなりません。
ダイビングライセンスを取得するのは、実はとっても簡単。最短で3日あれば取れてしまいます。
スキューバダイビングの指導団体にはいくつかの団体があり、それぞれが組んだカリキュラムに沿って安全に潜れるようになるためのコースが行われます。
PADIという指導団体の特徴は、マニュアルで内容が決まっていて、世界のどこで受けても同じクォリティの講習が提供されています。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
せっかくダイビングを始めるのなら、自分に合ったダイビングスクールを選びたいですね。値段だけでなく、気が合うスタッフがいることが大切です。
ダイバーになったら、ダイビングショップが主催するダイビングツアーに参加すると仲間もすぐに増えますよ。
ダイビングを伊豆で楽しむのなら、1泊で出かけるのがお勧めです。温泉に入ったり、海鮮料理を楽しむこともできます。
そして、海外でのダイビングデビューはグアムのダイビングがお勧め。日本人のインストラクターもたくさんいます。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
ダイビングは若い人だけのスポーツなんていうのは昔のこと。最近は中高年のダイバーがどんどん増えています。