体験ダイビングと認定ダイバーの違い

ダイビングを始めるのには何か特別な手順がいるのでしょうか?
スキューバダイングをするのには、まずCカードといわれるダイビングライセンスを取得することが必要です。
ダイビングライセンスのコースは、通常4日間で学科、プール講習、海洋実習と進みます。
スキューバダイビングの指導団体が定めたカリキュラムを終了するとライセンスが発行されます。
よく国際ライセンスという表記を見ますが、世界中で一番認知されているのはPADIという団体が発行しているCカードでしょう。
ダイビングスクールも日本ではPADIのカリキュラムで指導しているショップが多いです。
ダイビングショップもそのお店によって特徴がありますから、一度訪ねてみて自分にぴったりのお店を見つけましょう。
ダイビングを通して新しい仲間を作るのなら、ショップ主催のダイビングツアーに参加するのが一番近道です。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
いきなりダイビングライセンスはちょっと不安・・・というのなら、体験ダイビングに挑戦してぜひ一度海の中をのぞいてください。
最近は親子でダイビングを楽しんでいる人も多いです。中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもあるのでぜひ探してみてください。

ダイビングって今までとはちがった世界が広がるという意味で、他のスポーツとは一線を画していますね。
スキューバダイビングを始めるのには、まずCカードと呼ばれるライセンスを取得しなければいけないのがシュノーケルとは違うところです。
ダイビングライセンスのコースを南の島で受ける時には、日本で学科、プールだけを済ませた方が時間を無駄にしないのでお勧めです。
実はスキューバダイビングライセンスを発行している団体というのは、ひとつだけではないのです。
PADIというのも、ダイビングライセンスを発行している指導団体のひとつですが、本部はアメリカのカリフォルニアにあります。
PADIダイビングスクールの中でも、5スターというランクのショップで受講すると、ゴールドカードが発行されます。
ダイビングスクールを選ぶ時は、実際に電話をしたり遊びに行ってみて、なじみやすいショップを選ぶのが長く続けるコツです。
ダイビングを通して新しい仲間を作るのなら、ショップ主催のダイビングツアーに参加するのが一番近道です。
東京や神奈川のダイビングスクールでは、伊豆のダイビングツアーを多く開催していますが、1泊して温泉でのんびりなんていうのもいいですね。
そして伊豆のダイビングである程度自信がついたら、ぜひ沖縄ダイビングデビュー。世界屈指のサンゴ礁があなたを迎えてくれます。
体験ダイビングをするのももちろん良いですが、やはりライセンスを取得すると自由に泳ぎまわれるようになります。
最近は中高年向けのダイビングコースを開催しているショップもありますから、親子でダイビングを楽しむのも良いですね!