まずはダイビングスクールに行くところから

ダイビングをやってみたいけど、何から始めていいのかわからない・・・という人も多いのではないでしょうか?
スキューバダイビングのライセンスは、正確にcertification(認定)カードの略でCカードと呼ばれます。
ダイビングライセンスを取得するのは、最初に学科講習、そしてプール講習、最後に海洋実習という流れです。
スキューバダイビングのライセンスコースは、指導団体が定めた安全に潜れるようになるためのカリキュラムに沿って行われます。
ダイビングライセンスを発行している指導団体にPADIという団体がありますが、マニュアルでしっかりと内容が決まっているのでクォリティの高い講習を受けることができます。
日本のダイビングスクールもPADIに所属しているダイビングショップが多いですね。
ダイビングショップにも様々な特徴がありますから、ネットだけで見て決めるのではなく、電話をしたり、実際に足を運んで決めましょう。
ショップ主催のダイビングツアーに参加していると仲間がすぐにできますし、彼氏や彼女を見つけてしまうこともめずらしくありません。
東京や神奈川からは伊豆のダイビングツアーが多いですが、日帰りで潜りにいける場所がたくさんあるのが魅力ですね。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
「体験ダイビングでも潜れるのは一緒でしょ?」なんて言う方もいるようですが、楽しみの幅は比べものになりません。
ダイビングを楽しむのにそれほど体力は必要ありません。最近は中高年でダイビングを楽しむ方も増えていますね。

ダイビングをやってみたいけど、何から始めていいのかわからない・・・という人も多いのではないでしょうか?
スキューバダインビングのライセンスは、本当はCカードと言いますが、Cはcertification(認定)の略です。
ダイビングライセンスを取得するコースは、南の島で受けることも、日本で受けることもできます。
スキューバダイビングの指導団体が安全に潜れるようになるためのカリキュラムを組んでいて、その内容にしたがってコースが開催されます。
ダイビングライセンスの中でも、世界で一番流通しているのはPADIという団体が発行しているもので、どこに行っても通用します。
PADIのダイビングスクールの中でも、5スターという称号のショップは、年間の認定数などいくつかの基準をクリアした優良店とされます。
ダイビングショップを選ぶ時は、値段だけを見て決めるのではなく、電話をしたり実際に足を運んでなじみやすい雰囲気のお店を選んでください。
実は、一人でダイビングを始める人が多いのですが、ショップが主催するダイビングツアーに参加すると同じ趣味の友達がたくさんできてしまいます。
伊豆へのダイビングツアーなら、帰りに温泉に入ったり、おいしい海鮮料理が食べれるのも魅力です。
そして、伊豆のダイビングで実力がついたら、いよいよ海外デビュー!最初はグアムのダイビングがお勧めです。
もし、いきなりダイビングライセンスに挑戦するのは不安というのなら、体験ダイビングをしてみるのも良いかもしれません。
中には、75歳でダイバーデビューなんていう方もいるほどで、中高年向けのダイビングコースも開催されています。